イルカの耳骨は、館山の海岸に打ち上げられる不思議なパワーアイテム。非常に貴重な幸運のお守りです。

耳骨は、耳の中にある骨で、丸い頭を思わせるその形から「布袋石」とも呼ばれ、江戸時代の昔から縁起物として扱われています。海岸で拾われるものの多くは化石化しており、縄文遺跡付近でよく見つかることから、海辺にある縄文時代の塚(つか)から流れたものだと考えられています。

近年では、流されても岸にたどり着くお守りとして、また、平衡感覚を司る器官である耳の骨であることなどから、サーファーたちの間でもアクセサリーとして人気があります。

なの花会では、ネックレスまたは根付(ストラップ)に加工して、アクセサリーとして加工・販売しております。大変貴重で手に入りにくいアイテムですので、ご興味のある方は、是非在庫のあるうちにお買い求めください。

※商品の色合いは自然光の場合とは若干異なることがありますのでご容赦ください。

イルカの耳骨が新聞で紹介されました

商品一覧

結果の1~32/92を表示しています

ページトップへ戻る